honnjitsuhaseitennnari
onemunemunemu

このサイトに書かれていることが原因でトラブルを発生したとしても、私は一切の責任を負いません。ご了承の上、閲覧下さいますようよろしくお願い致します。
なおこのサイトはリンクフリーです。

Linus Torvalds 様、ならびに世界中においてボランティアで Linux の開発に携わっている皆々様方に敬意を表しますとともに心から感謝いたします。

Red Hat 9 Server デスクトップ実物大 (要クリック)
freshmeat (/usr/share/backgrounds/images)
Test 用 Red Hat 9 iTunes Server 構築
Test 用 Red Hat 9 / pooh
Vine Linux Client で成功したことを Test 用 Red Hat に試みる。



これ以降は Vine Linux iTunes サーバー を参考。


やはりパーソナルコンピュータでインストールしているので開発環境は入っていないようだ。
パッケージインストールの練習にもなるし、依存性も判るしで、かえって良かったかも(笑)


暇をみて本サーバーにおいても構築してみようと思っています。
ユウコさん ハナエさん小 ハナエさん大 マサミちゃん チーちゃん アヤちゃん マリエちゃん ヨシエさん サユリさん アキちゃん ユキちゃん ヒロコさん レイコさん
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 gnuplot Install
Test 用 Red Hat 9 / pooh
データをプロットして描画するフリーソフト gnuplot をインストールしてみます。



# apt-get install gnuplot


gnuplot-3.7.3-2.i386.rpm







| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 webalizer Install
Test 用 Red Hat 9 / pooh
# apt-get install webalizer



インストールされたものは
gd-1.8.4-11.1.i386.rpm
httpd-2.0.40-21.21.legacy.i386.rpm
webalizer-2.01_10-11.i386.rpm



そっかパーソナルコンピュータでインストールしているから apache がインストールされてなかったんだぁ(笑)



# which webalizer
# /usr/bin/webalizer



# mkdir /var/www/html/webalizer

# emacs /etc/webalizer.conf

LogFile /var/log/httpd/access_log
OutputDir /var/www/html/usage → /var/www/html/webalizer
History /var/lib/webalizer/webalizer.hist
Incremental yes


# chkconfig --level 345 httpd on


ローカル内の MacOSX のブラウザから Test 用 Red Hat にアクセス。
http://192.168.11.YY
Test Page が表示される。


改めてブラウザに
http://192.168.11.YY/webalizer/


動かない!


apache の設定か?
でもデフォルトで DocumentRoot は
/var/www/html


以下を /etc/httpd/conf/httpd.conf に追記

<VirtualHost 192.168.11.ZZ>

 DocumentRoot /var/www/html/webalizer
 ServerName webaccess.net
 HostNameLookups off
 UseCanonicalName on

  <Directory /var/www/html/webalizer>
    AllowOverride None
    Order deny,allow
    Allow from all
  </Directory>

</VirtualHost>



Deny from all
Allow from 192.168.11.

とするとパーミッションエラーになってしまいます。???
ワイルドカードを使っても同じです。???


とりあえず Web サーバーを再起動
# service httpd restart
webalizer の更新
# webalizer


ブラウザに
http://localhost/webalizer




画像をクリックすると拡大画面が開きます


http://webaccess.net では表示されない。あれれ。
NameVirtualHost の設定か?



※エラーメッセージとともに Web Server のヴァージョンが表示される。これはセキュリティ上好ましくないので
httpd.conf を編集
#ServerTokens OS ← コメントアウト
ServerTokens ProductOnly ← 追記

#ServerSignature on ← コメントアウト
ServerSignature off ← 追記


Web サーバーを再起動
# service httpd restart

これで Version 情報が消えます。
ユウコさん ハナエさん小 ハナエさん大 マサミちゃん チーちゃん アヤちゃん マリエちゃん ヨシエさん サユリさん アキちゃん ユキちゃん ヒロコさん レイコさん


| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 LaTex Install
Test 用 Red Hat 9 / pooh
Test 用 Red Hat 9 に Latex 環境を構築してみます。


以下をすべて実行。


# apt-get install ggv

# apt-get install tetex tetex-afm tetex-doc tetex-dvips tetex-fonts tetex-latex tetex-xdvi


# apt-get install VFlib2 VFlib2-VFjfm VFlib2-conf-ja VFlib2-devel ttfonts-ja


これで OK です。


試験してみます。


# touch ~/test.tex

# emacs ~/test.tex


以下を記述

¥documentclass[a4paper,12pt]{jarticle}
¥begin{document}
テストだよん
¥end{document}


¥ はバックスラッシュ。


# platex ~/test.tex

# xdvi ~/test.dvi


無事表示。


参照 : Vine Linux LaTex を使う
ユウコさん ハナエさん小 ハナエさん大 マサミちゃん チーちゃん アヤちゃん マリエちゃん ヨシエさん サユリさん アキちゃん ユキちゃん ヒロコさん レイコさん

| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 Network 設定 w/NTP
Test 用 Red Hat 9 / pooh
SSH Server の動作確認も兼ねてご近所のネットカフェ様から PuTTY を使って Test 用 Red Hat 9 のネットワーク設定をいたしました。


同時に時刻同期 ( NTP Server ) の稼働状況も確認。

ntp.nc.u-tokyo : 東京大学 NTP サーバー( Stratum1 )
192.168.11. : Red Hat 9 Server Local IP


最初に Red Hat 9 Server へ同期しているので下の画像では Stratum が "2" になっています。

参照 : マルチフィード時刻情報提供サービス





※ NTP Server が動かない時はファイヤーウォールの確認をしてみて下さい。


私の場合 lokkit の入力欄に
123:tcp
を追加しています。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 apt Install
Test 用 Red Hat 9 / pooh
兎にも角にも apt がないと始まりません。f^^)


freshrpms 様の ftp mirror サイト様より
apt-0.5.5cnc6-fr1.i386.rpm
をダウンロードしてきました。


インストール
# rpm -ivh apt-0.5.5cnc6-fr1.i386.rpm


そして
# emacs /etc/apt/sources.list

次の1行を書き込みます。
rpm http://download.fedoralegacy.org/apt redhat/9/i386 os updates legacy-utils
※ apt と rehat の間は半角スペース。
記述されている ayo.freshrpms は現在死んでます。あらら!
なのでコメントアウトしておきます。

参照 : http://www.fedoralegacy.org/download/


一度
# apt-get update


fedoralegacyプロジェクトの GPG 署名をインポートします
# rpm --import http://www.fedoralegacy.org/FEDORA-LEGACY-GPG-KEY


正しく署名がインポートされているかどうかを確認
# rpm -q gpg-pubkey


念のためもう一度
# apt-get update


# apt-get dist-upgrade

ユウコさん ハナエさん小 ハナエさん大 マサミちゃん チーちゃん アヤちゃん マリエちゃん ヨシエさん サユリさん アキちゃん ユキちゃん ヒロコさん レイコさん
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 nmap Install
Test 用 Red Hat 9 / pooh
nmap コマンドはポートを調べるために必要なのでまず最初にインストールしておきます。


これも KDDI 研究所 様より頂いてきました。


# rpm -ivh nmap-3.00-4.i386.rpm




因みに lsof は

# rpm -qa | grep lsof
lsof-4.63-4


ご覧のようにすでにインストールされています。(^^)v
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 Kernel Update
Test 用 Red Hat 9 / pooh
テスト用 Red Hat 9 のカーネルを、
kernel-2.4.20-8 から kernel-2.4.20-31.9smp
へアップデートしました。


kernel-smp-2.4.20-31.9.i686.rpm を KDDI 研究所 様から頂いて

# rpm -Uvh kernel-smp-2.4.20-31.9.i686.rpm

SCSI HD なので本来なら

# /sbin/mkinitrd /boot/initrd-2.4.20-31.9.smp.img 2.4.20-31.9.smp

とするべきところですが /boot ディレクトリをみるとすでに作成されていました。頂いてきたカーネルがそのようにチューニングされていたようです。




ここで不思議なことがひとつ。
インストールしたパソコンはデュアル CPU なのにカーネルが smp じゃない??? なぜ???
( 本当なら kernel-2.4.20-8smp のはずです )
確認のため
# less /proc/cpuinfo
とすると、プロセッサー "0" "1" 、ちゃんと認識しています。

本サーバーの Red Hat 9 Server はちゃんと smp となっているので ...



でも次のコマンドを打つと

# uname -r
2.4.20-31.9smp

謎だ!


3ヶ月使って不具合がなければ、本サーバーもアップデート。


以下 /boot/grub/grub.conf 。
アップデートと同時に書き変わっていました。ラッキー!
もし default=0 ではなく default=1 の場合 "0" にします。


| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Test 用 Red Hat 9 始動
Test 用 Red Hat 9 / pooh
Red Hat 9 Server とは別のパソコンに Red Hat 9 をインストールする。(笑)
理由はある意味特殊なサーバーをテストするため。


インストール時にパーソナルコンピュータを選択して OS をインストールしたため、かなり余計な物が入っていますが気にしないことにします。


Test 用 Red Hat 9 には標準で OpenSSH Server がインストールされている。
つまりターミナルを2つ起動させれば Red Hat 9 Server と Test 用 Red Hat 9 のファイルを比較することができます。これは便利です。


因みに Red Hat 9 Server にはディスプレイは繋がっておりません。(笑)


iTunes Server
Vine Linux 3.2 Client で動作した iTunes サーバー ( DAAP ) が Test 用 Red Hat 9 で動くのかをテストしてみたいと思う。


Nagios Server
ネットワーク内の死活等を管理するサーバーです。


qmail
セキュリティーにとっても強いメールサーバーです。なんでもセキュリティーホールを見つけた方には懸賞金として $500 を支払ってくれるそうです。


Kernel Update
Red Hat 9 のインストール時のカーネルは 2.4.20-8smp 。
これを 2.4.20-31.9smp までアップデートしてみる。
怖ろしいことに Fedoralegacy には
kernel-smp#2.4.20-46.9.legacy
なるものが存在します。



Virtual private server ( VPS )
http://www.freevps.com/
http://www.openvps.org/Plone



システム設定ファイル交換。
Red Hat 9 Server の設定ファイルを FTP サーバー経由で Test 用 Red Hat 9 に送り動作可能かどうかをテストする。Red Hat 9 Server 上では問題なかった。



等々試したいことは山ほどあります。



これでようやく Vine Linux Client さんは本来のクライアントとしての生涯をまっとうできそうです。(笑)
Vine Linux Client は OS を再インストールしてに初期状態に戻す。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
| 1/1 |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--