honnjitsuhaseitennnari
onemunemunemu

このサイトに書かれていることが原因でトラブルを発生したとしても、私は一切の責任を負いません。ご了承の上、閲覧下さいますようよろしくお願い致します。
なおこのサイトはリンクフリーです。

Linus Torvalds 様、ならびに世界中においてボランティアで Linux の開発に携わっている皆々様方に敬意を表しますとともに心から感謝いたします。

Red Hat 9 Server デスクトップ実物大 (要クリック)
freshmeat (/usr/share/backgrounds/images)
Vine Linux Eclipse Install
Vine Linux 3.2 Client / pooh
Vine Linux 3.2 Client に総合開発環境の eclipse をインストールしてみる。


http://www.eclipse.org/downloads/index.php へアクセス。


mirror site の
Japan Advanced Insititute of Science and Technology 様より

eclipse-SDK-3.1.2-linux-gtk.tar.gz(99.4MB)

を頂戴してくる。


展開します
# tar xzvf eclipse-SDK-3.1.2-linux-gtk.tar.gz


/usr/bin/eclipse が存在するので実行してみる
# eclipse


以下のエラーがでました。
A Java Runtime Environment ( JRE ) or Java Development Kit ( JDK )
must be available in order to run Eclipse.No Java Virtual machine
was found after seaching the fllowing locations:
/usr/bin/jre/bin/java
'java' in your current PATH


~/.bash_profile に java 実行ファイルのある場所(パス)
/usr/java/jre1.5.0_07/bin/java
を書き加える。


更新
# source ~/.bash_profile


パス確認のため
# echo $PATH
最後に
/usr/java/jre1.5.0_07/bin/java
となりました。



少々強引だが eclipse が使う Java を絶対パスで指定してみる。
#  eclipse -vm /usr/java/jre1.5.0_07/bin/java

起動しました。



画像をクリックすると拡大画面が開きます




画像をクリックすると拡大画面が開きます



現状では eclipse ディレクトリに移ってから
#  eclipse -vm /usr/java/jre1.5.0_07/bin/java
としないと startup.jar が見つかりませんよ!と怒られます。
※startup.jar は eclipse ディレクトリの第1階層に存在します。



こりゃエイリアスを .bashrc に追記するしかなさそうだ。

#  emacs ~/.bashrc
以下を追記。
alias ecli='cd /usr/local/eclipse;eclipse -vm /usr/java/jre1.5.0_07/bin/java'

# source ~/.bashrc


これで
#  ecli
のみで起動するようになりました。(^^)v
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
<< Test 用 Red Hat 9 iTunes Server 構築 | main | Vine Linux AMS-LaTeX >>









url: トラックバック機能は終了しました。

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--