honnjitsuhaseitennnari
onemunemunemu

このサイトに書かれていることが原因でトラブルを発生したとしても、私は一切の責任を負いません。ご了承の上、閲覧下さいますようよろしくお願い致します。
なおこのサイトはリンクフリーです。

Linus Torvalds 様、ならびに世界中においてボランティアで Linux の開発に携わっている皆々様方に敬意を表しますとともに心から感謝いたします。

Red Hat 9 Server デスクトップ実物大 (要クリック)
freshmeat (/usr/share/backgrounds/images)
Vine 4.1 Netatalk Install
Vine Linux 4.1 Client / pooh
とにかく我が家は MacOS が多いのと
MacOS9 で動作する FTP がシェアーウェア ( FetchMacSFTP ) ということもあり Linux で Apple Talk を可能にする Netatalk をインストールすることにしました。


Free な FTP ソフト NFTP を忘れていました。が .... これはちょっと★※▽□でして(笑)



Synaptic を使ってインストールしたヴァージョンは


netatalk-2.0.3-0vl1


AppleVolumes.default :

最後のチルダから1行あけて

/home/testuser/ vinelinux.net


afpd.conf :

最後の行に下線部分を

- -transall -uamlist uams_clrtxt.so,uams_guest.so,uams_dhx.so -nosavepassword

を追記。" # " をとる。ゲストの接続容認。

まあ、LAN 内のみなのでセキュリティーは無視(笑)


# service atalk start

Starting AppleTalk services:
Starting atalkd: [OK]
Registering vinelinux:Workstation: [OK]
Registering vinelinux:netatalk: [OK]
Starting papd: [OK]
Starting cnid_metad: [OK]
Starting afpd: [OK]


# chkconfig --list atalk
atalk 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off


気になることがひとつ。システム起動時この atalk でしばし考えているようで .... ながーい。Red Hat の時はそんなことなかったんで、なんとかしてほしいよん。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
<< Vine 4.1 Adobe Reader Install | main | Vine 4.1 udev 設定 ( Zip , MO ) >>









url: http://server-blog.magical-sound.com/trackback/501962

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--