honnjitsuhaseitennnari
onemunemunemu

このサイトに書かれていることが原因でトラブルを発生したとしても、私は一切の責任を負いません。ご了承の上、閲覧下さいますようよろしくお願い致します。
なおこのサイトはリンクフリーです。

Linus Torvalds 様、ならびに世界中においてボランティアで Linux の開発に携わっている皆々様方に敬意を表しますとともに心から感謝いたします。

Red Hat 9 Server デスクトップ実物大 (要クリック)
freshmeat (/usr/share/backgrounds/images)
Vine 4.1 DTM Audacity
Vine Linux 4.1 Client / pooh
波形編集ソフト Audacity を動かす。

Vine 3.2 Client では無事起動しましたが Vine 4.1 においてはどうでしょう。


まず wxPython をインストール。在処は

http://prdownloads.sourceforge.net/wxpython/


# rpm --rebuild wxPython2.8-2.8.3.0-1.src.rpm



わーい早速エラーのお出迎え。

configure: error: OpenGL libraries not available
エラー: /var/tmp/rpm-tmp.38677 の不正な終了ステータス (%build)


RPM ビルドエラー:
ユーザ robind は存在しません - root を使用します
グループ robind は存在しません - root を使用します
ユーザ robind は存在しません - root を使用します
グループ robind は存在しません - root を使用します
/var/tmp/rpm-tmp.38677 の不正な終了ステータス (%build)



robind がなくてスマソ。

エラー


configure: error: OpenGL libraries not available


から Synaptic を使って XOrg-gl-devel をインストール。再度


# rpm --rebuild wxPython2.8-2.8.3.0-1.src.rpm


いや〜時間かかります。

昔々 68k でコンパイルしたときに比べれば .... だってコンパイルに2日間もかかったときがありました。それで失敗した日には顔面蒼白、奈落のそこに落ちていく感じでした。ホント私の2日間返してくれ〜って!(爆)


次にhttp://wxwidgets.orgから古いヴァージョン

wxAll-2.4.2.tar.gz

をDL。インストール。


# tar xzvf wxAll-2.4.2.tar.gz
# cd wxWindows-2.4.2
# ./configure
# make
# make install



いよいよ


http://audacity.sourceforge.net/


から


audacity-src-1.2.5.tar.gz


をゲット。(1.2.6 だと Make に失敗しました)


他に必要なパッケージは

Vine 3.2 Audacity


で確認。いざ

# ./configure
# make
# make install



画像をクリックすると拡大画面が開きます


# audacity

として以下の警告を受けたときには

Gtk-WARNING **: module_path 中にローダブルモジュールが見付かりません: "libxfce.so",

Synaptic で gtk1-xfce-engine をインストールする。


mp3 ファイルに書き出すには lame パッケージが必要。

私は以下から頂戴させていただきました。

lame-3.96.1-1vl1.i386
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
<< Vine 4.1 Opera 起動 | main | Vine 4.1 DTM Hydrogen >>









url: http://server-blog.magical-sound.com/trackback/521394

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--